葬祭ディレクターという資格・仕事。

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
5/31.
はやいものでもう五月も終わりです。

最近は夢見が悪いので、寝不足気味。
擬人化したコンピュータウィルスと闘うなんて、
土曜日の晩にみた「怪物くん」の影響としか
思えません。
しっかりしなくては。。。

さて、最近知った資格の中で「葬祭ディレクター」というのが
あります。
母用にもらってきた求人誌に載っていたのですが、
結構気になる資格です。


<葬祭ディレクターとは??>

葬儀場等で、葬儀・葬祭の企画・運営・構築・司会進行など
葬儀全般に関わる資格です。

葬儀を行う上で、遺族からどのような葬儀にしたいかなど
要望を聞き、故人、遺族ともに最善のセレモニーになるよう
尽力します。

葬祭ディレクターの資格があると、
葬祭場での就職が有利になるほか
葬儀場でより深い業務に携わることが出来ます。

<1級と2級>

葬祭ディレクターには、1級と2級があります。
2級の場合、故人の葬儀の企画。運営などを
手がけることが出来ます。
そして、1級の場合、葬儀にかかわる全てのことに
従事することが出来ます。

ちなみに受験資格ですが、葬祭ディレクター2級が、
葬祭業務の実務経験2年以上、
1級の場合で、実務経験5年以上経過しているか、
葬祭ディレクター2級に合格したあと2年以上
実務経験を積んでいるものが対象です。

<葬祭ディレクターの資格を取得のメリット>

葬祭業務に興味がある場合も、資格取得にあたっては、
最低2年以上の実務経験が必要です。
まずは、葬儀場や葬祭会社などに就職し、
経験を積んでいくことから開始し、将来のスキルアップに
資格取得に挑戦してみるといいでしょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.quick-update.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/389

コメントする

カテゴリ