ちょっとゲームよりな話

| コメント(0) | トラックバック(0)
 おはようございます。
インフルエンザがまだ、沈静化していません。
気をつけましょう。
昨日のコンピュータ、IT関係のニュースで
とても気になる記事を発見!

とっても個人的なので、ブログで思いのたけを
綴ってみたいと思います。

家庭用ゲーム機と言えば、任天堂、ソニーなど
ありますね。
絶好調な任天堂の最近のハードは、Wiiですが、
Wiiのオンラインサービス「バーチャルコンソール」で
過去に発売されたゲームソフトを配信するサービス
があります。

その中で2009年3月に配信される7タイトルが
発表になりましたのでご紹介。

一番気になったのが、1986年に
ファミリーコンピュータから
発売された「たけしの挑戦状」。
クリアするのが、非常に難しく
内要をみても、「小学生向け?」と
思われる理不尽なゲームとして
有名です。

ビートたけし自身がFCゲームに夢中になり
つくっちゃった作品で、
たけしさんならではの、常識を覆す
アイデアが満載。

たとえば、ゲームのスタート画面、
まず「はじめる」「コンティニュー」のメニューが
あることが多いですよね。
そこで、つづけるばあいは、「コンティニュー」を選び
ひらがなと数字が不規則に続いたパスワードを入力するのですが、
このたけしの挑戦状は、最初の画面から主人公がいて、
主人公を動かし、「コンティニュー」にすすむと
メニュー画面で知らないおじさんが座っています。

その人に話しかけるわけですが、なぜかコマンドに「おやじをなぐる」
が出てくるのでこれを選ぶと。。。
おじさんの返り討ちにあい、キャラクター死亡。
お葬式の画面に代わります。

ってまだ始まってもいないのに。

他にも、カラオケを3回歌うとか、
手に入れた地図を太陽にかざす場合、
コマンドを選んだあと、なにもさわらずに1時間放置しないと
先に進めないとか、ほんと難しい!
ネットが普及したいまならクリアできるかも。
ということで、Wiiかファミコンなどの家電や
懐かしのソフト探しに、東京都 リサイクルショップめぐりでも
しようかしら。

ちなみに、ほかのタイトルは、
クルクルランド、大航海時代Ⅱ、SONIC CHAOSなどなど。

スーパーファミコンとか、メガドライブとカ、PCエンジンって懐かしいですね。

あー、年代がばれるー。

トップに戻る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.quick-update.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/106

コメントする

カテゴリ