東京都心の高級ホテル戦争

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。
インフルエンザがはやってます。
手洗いうがいにマスクは必携ですよ。
最近、東京の千代田区などの都心で、高級ホテルのオープンが
多くなっています。

賃貸事務所 東京で働く人たちも、打ち合わせや出張などで
よくお世話になっていると思います。


このオープンラッシュが始まったのが2000年ころで
主に外資系のリッツ・カールトンやペニンシュラの開業で
東京都心の客室過剰による売り上げ減など2007年問題も
起こりましたね。

海外高級ホテルのサービスを例にとると、ホテルの従業員は
月20万円ほどの経費をもっています。

そこで、お客様と接した際「結婚記念日」などのお祝いで
訪れたことが分かると、さりげなくケーキを用意しておいたり
してくれるそうです。

自分の意思で行動ができて、かつお客様のよろこぶ顔が
直接みえるなんて、素敵ですね。

人気の外資系ホテルですが、日本の老舗も負けていられません。
欧米のお客さまを対象に、価格帯も高級路線で勝負している
外資系の特徴を踏まえて、老舗のホテル陣は
古くからの顧客を大事にし、新しいプランを
つくって売り上げを伸ばしたりしています。

ホテルに併設されているバーも、2人で2万円など
リーズナブルなプランを提供しています。

ビジネスの場でもよく利用する都心のホテル。
共存しておたがいに繁栄、そしてお客である私たちに
いい結果となるような気がします。

楽しみですね。

トップにもどる

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.quick-update.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/69

コメントする

カテゴリ