超高級化粧品に景気回復のカギ

| コメント(0) | トラックバック(0)
おはようございます。
今朝は風が強くて、両目にゴミが入りました。

ピンチ!
花粉対策用眼鏡の出番かしら。
朝から涙ボロボロで、悲しいことに化粧もくずれがちですが、
気にせずがんばっていきましょう。

最近はバーゲンでも買い控えで、実用性のあるもの以外は
販売商戦が苦戦となってますが、安ければ売れるという
時代はもう終わっちゃったみたいですね。

最近に限ったことではないですが、
ただ安いもの、というよりはお金を多く出しても
あんぜんなもの、高品質なものが予想以上に売れています。

高級なハンバーガーしかり、希少なたまごを使ったかけごはん専門の
お店しかり、高級路線の化粧品しかり。
消費者の不安を逆手に取った「安全」「生産者の顔が見える」など
付加価値をつけたことで、値段が高くても、
購入者がついてきます。

ただ、高級といっても消費者としたら限度があるわけで、
その双方の駆け引きが観ていると面白いのですが、
今日見つけたニュースで超高級な化粧品が
予想以上に売れているというのがありました、

その化粧品は、顔に塗るクリームで、お値段126,000円。
そんな高いの誰が、、、と思いきや、購入者の感想によると
「塗った後の感触が全然違う、効果を実感できるから購入してしまう」
とのこと。

たしかに効果を実感出来て、本人が納得すれば
かなり満足度の高いおかいものになりますね。

この高級化粧品のターゲット層は、去年の流行語にも選ばれた
アラフォー世代の方々。

美や健康への関心が高く、自分への投資も惜しまない世代で
所得の高いワーキングウーマンや、富裕層の主婦、若い感覚を持つ
シニア層などに受けているようです。

126,000円の超高級化粧品までいかなくとも
20,000円前後の高級化粧品は、頑張る自分へのご褒美に
また、美の追求に手がでちゃうかも。

秘書 英語のお仕事をしている人は


化粧品の情報にも詳しいのかな。

国内化粧品に限らず、海外のメーカーも
注目するブランドが多々あります。
不況に強い化粧品業界、こんごの飛躍にも
期待ですね。

topにもどる




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.quick-update.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする

カテゴリ