仕事で役立つ6つのコツ

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんばんは。
福袋争奪戦はすごかったですね。
だんだんと並ぶ時間が長くなっているようですが
無理はしないでくださいねー

なかでも気になった福袋が、一週間分の靴下、いわば7足の靴下が入った福袋
お値段2009円。
これが二時間で完売したそうです。

うーん
お得なのかな。

まだまだお正月3が日気分が抜けませんが、
今日は金曜日ですよ。
なんと、あと二日で仕事始めです。

ということで今日は、仕事始めでもあわてない
仕事をうまく回すコツを紹介しましょう。

まずひとつめは、「ありがとう」
人間関係を円滑にするためにも、どんどん使っていきたい
い言葉です。
電話のメモを置いてもらったら「ありがとう」
なにか心配をしてもらったら「ありがとう」
仕事をてつだってもらったら「ありがとう」
「ありがとう」ならふだんから使っているわという方には
ワンランク上のありがとうを実践してみよう。

それは「ありがとう」+「ひとこと」。
「ありがとう、いつも助かります」「ありがとう、この間のメモもありがとう」などなど。
さらにさっと相手の目を見つめるとより効果的だそうですよ。
あくまでも、さっと。

ふたつめは、不安要素を持ち続けない。
生きていると、辛いこと、悩み、不満などでてきますね。
しかし、人にいうのもちょっと、、、という内に秘めちゃう人に
オススメなのがこの方法。

手のひらサイズの小さい紙に、思っている心のうちを
日記調でも箇条書きでもいいので書いてみよう、
だれに見せるわけでもないので、思い切り。

書き終わったら、必ず破いて棄てましょう。
出切れば別々のゴミ箱に。
ポイントは人に見られず正直な思いを記すこと。

3つめは、、、ズバリだらだらしないこと。
時間のたつのは思った以上に速いもの。
思い切ってタイマを使って試してみてください。
まずは、カウントダウン機能で、残り時間を意識しながら仕事すること。
二つ目は、カウントアップ機能で、仕事の適性時間も見極めていくこと。

さて、4つ目の仕事のコツです。
困ったり八方ふさがりと感じたら、お地蔵さんになること。
実際お地蔵さんになったらなったで怒られそうですが、
ピンチの場面ではお地蔵さんや、空気のようになることもいいようです。
ちょっと練習が必要ですね。

さてさて5つ目は、やることリスト作成。
これも普段からやっているという方が多そうですが、
ちょっと視点を変えてみましょう。
「何日までにやる」ではなく「何日までやらない」リストです。

たとえば、ほしい商品があるとして、メリットとデメリットを考慮します。
もし値段が高いというのがデメリットだった場合、
保留期間を設けrている間に、本当に必要かどうかを冷静に
考える機会になり衝動買いを防げるようです。

最後に、ネガティブシンキングのすすめ。
いやいやポジティブシンキングの間違いでは?という声も
聞こえてきそうですが、あえてのネガティブシンキングです。

若い時や、健康に自信のある方はついつい無理をしてしまいがち。
仕事が重なったり、プライベートで辛いことが重なると、
体がいうこときかなくなってきます。
過労で倒れてしまったり、不注意からけがをしてしまったり。
そんなときはこんなことを実践してみましょう。
まずは、あともう一歩を見送る。
もう少しで終わるとあれば、がんばりたいのが心情ですが、
すでに体は赤信号。
次に、一時間じっとする。
山手線一周するもよし、公園でじっとするもよし、喫茶店で過ごすもよし。
自分を見つめるのに有効のようです。

トップに戻る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.quick-update.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/58

コメントする

カテゴリ