2008年10月アーカイブ

おはようございます。
早いものでもう10月も最後の日となりました。
今年も残すところあと2か月。

来年5月は裁判員制度が開始されます。
今日は裁判員制度に関連したニュースをピックアップ。


過去の高校入学試験で、学科などの試験内容とは別に「見た目」で合否判断している学校があった。

10/28のニュースによると、神奈川県立神田高校で、本来の選考基準ではない「ピアス」「茶髪」「眉の手入れ」などの裏基準を校長が設け、これらに該当する受験生を不合格としていた。
この選定方法は過去、2005年・2006年・2008年度入試で22人が不合格とされた。

このニュースの詳細と後日報道を合わせて、以下まとめ書き。
労働環境における問題点は様々なメディアで取り上げられているが、今日は日雇い派遣に関連したニュースから。

派遣とは、主に労働者派遣を意味し、この業務形態を人材派遣といいます。
契約により数日から数か月単位で労働するのが主流で、長期にわたり同じ会社で労働する場合は正社員や契約社員への直接雇用へ切り替えるなどの決まりがある。

その中で近年問題になっているのが、グッドウィルを発端にした日雇い派遣の労働環境についてである。

一日もしくは30日以下の契約で雇用され、仕事現場は生コンクリートミキサー自動車運転手や、建設現場の作業員がかなりの割合を占めるが、工場の作業員や、警備なども含まれる。

日雇い派遣のメリットは、副業感覚で働きたいときに短期で働けることがあるが、実際に正社員雇用を目指すものの就職が決まらず、やむを得ず日雇い労働者として従事する傾向が強く、この形態はワーキングプアと呼ばれ社会問題になっている。

具体的な社会問題を見ていこう。
まず、契機による雇用調整の影響を最も受けやすく、収入は安定しない。
よって、アパートなどの家賃を払うことができず、ネットカフェや24時間営業のファーストフード、野宿などで暮らすネカフェ難民等の増加をたどる。
労働環境も整備不十分なところが多く、交通費の支給がない場合や、各種保健への未加入、給料を取りに行く際の締め切り時間に間に合わず現金がないなど。
派遣会社皮の問題は、マージンの取りすぎ、不明瞭な手数料の搾取など。

ここで政府・与党は28日、日雇い派遣の原則禁止などを盛り込んだ労働者派遣法改正案を今国会に提出する方針を固めたとのこと。与党内の手続きや閣議決定を経て、早ければ11月上旬に提出見込み。景気後退に備え、ワーキングプア(働く貧困層)の温床とも言われる派遣労働者の待遇改善を急ぐのが目的。

 改正案は日雇いなどの短期派遣の禁止や企業グループ内で運営する派遣会社への規制強化などが柱となり労働政策審議会(厚生労働相 の諮問機関)は29日に改正案要綱について答申する。今国会で成立すれば、施行は原則09年10月。日雇い派遣規制など一部は10年4月に施行される 予定。

労働者にとって、声を上げることは勇気がいることですが、自分の身に直接影響することが多いです。
思ってるだけでは伝わらないと常々感じてますが、問題になったのを機に、労働者の一人でも多く、安定した職業につけることを願います。

派遣サイトをみる



秋と言えば、スポーツの秋・食欲の秋・読書の秋ですが、東京神保町で「第49回神田古本まつり」が開催されます。
本と言えば、ひと昔前は本屋さんをまわったり、古本屋をまわったりして探していたものですが、現在はインターネットの普及でサクサク買えるようになりましたよね。
そんな時代になり、街の本屋さんは苦境だといわれますが、古本屋さんはどうでしょう。

平成元年に130件だった店舗は158件まで増え、むしろ活性化しています。
何故でしょう。

長くほ書店を営む方によると、インターネットで本を買う場合、主に新書を購入する人が多く、古書とのすみわけができたこと。さらにインターネットの場合、目的の本が明確であれば効果も高いが、興味のある本がたくさんあり、的が絞りきれない場合、ベテランの店主に相談することで、掘り出し物が見つかったり、絶版となっていた本が見つかったりとメリットも多い。

一般のお客さんのほか外国人観光客、作家の司馬遼太郎さんが高山書店へ資料集めにきていたり、松本清張さんが一誠堂へ日に何度も電話をかけて資料を求めたり、文豪にも愛されたんですね。

そして神田神保町は古書店とともに発展した文化がある。
喫茶店とカレー店である。
本を購入した場合、すぐ読みたくなるのが人情。さらに歩きまわればのどが乾きおなかがすく。
そんなとき、片手で食べられるカレーは重宝され、喫茶店も本を読む人でにぎわった。

昭和の雰囲気がのこる街を、これからも大事に残していきたいですね。
秋の夜長のお供に、掘り出し物を探しに出かけて、古本以外の文化も堪能してみてはいかがでしょう。

神田古本まつりは年一回!


■「第49回神田古本まつり」情報

【開催日時】 2008年10月27日(月)~11月3日(月) 10:00~19:00
       ※雨天中止
【場  所】 神田神保町古書店街
【最 寄 駅】 神保町駅 都営新宿線、東京メトロ半蔵門線




神奈川県横浜市にある「横浜松坂屋」が2008年10月26日に閉店した。
横浜松坂屋は1864年に野沢屋呉服店として創業、1910年に伊勢崎町に百貨店として開業した。

当時、百貨店およびその周辺を散策することをイセブラと呼び、1992年の最盛期には売上高約300億円を計上していたが、横浜駅周辺やみなとみらい地区の開発により、業績が低迷。
その後も赤字を脱却することができず、今回の撤退となった。

横浜市民に愛されてきた同店は、閉店間際、多くの市民が連日押し寄せ、老舗百貨店を惜しんでいたとのこと。

今後について、横浜松坂屋の親会社であるJ・フロントリテイリングは、建物を撤去し複合商業施設を建設予定だが、大正10年に建設された本館はアール・デコ調の装飾が施され、市の歴史的建造物に認定されている。そのため市は外壁の保存を求めており、一部外観などを残す案が浮上しているとのこと。

新しく商業施設ができるのも、地域の活性化になり良い案だと思うが、過去の表参道ヒルズのように、貴重な建造物と商業施設がうまく融合した施設に生まれ変わることを願う。

参考までに。。。

■今年9月の百貨店売上(東京)
○売上高総額   1,325億円余
前年同月比   -4.6%(店舗数調整後/7か月連続マイナス)
店頭・非店頭の増減 店頭-4.3%(87.3%): 非店頭-6.8%(12.7%)
                      ( )内は店頭・非店頭の構成比
調査対象百貨店   13社 28店 (平成20年8月対比±0社0店)
総店舗面積     988,391m2 (前年同月比:2.8%)
総従業員数     19,092人 (前年同月比:2.8%)
○3か月移動平均値  2-4月 0.3%、3-5月 -1.2%、4-6月 -3.6%、
                5-7月 -3.5%、6-8月 -4.1%、7-9月 -3.0%


■今年9月の特徴
各店で来客数は前年を超えたが、タンアkの低い食料品がシェアを延ばす反面、重衣料や宝飾品などの高額商品が不振となり、客単価が下落。よって売上も下降となった。
好調だったのは、9月に各地で巡回開催された北海道物産展。こちらはいずれも前年比2ケタ増の高結果を残した。

■商品別前年比
好調・・・化粧品(1.2%)、菓子(1.1%)、食料品(1.6%)など
不調・・・家具(-20.2%)、家電(-42.8%)、サービス(-22.3%)など


今更ながら、数値を見ると、あいつぐ物価高で、消費冷え込みが顕著に分かる。
不要不急の商品にマイナス傾向が強くうかがえるが、食の不安が連日報道される中
食への関心の強さを味方に、百貨店ならではの安全志向を打ち出してほしいと思う。

北海道に限らず物産展は私もよく行くが、つい財布のひもが緩むのは、いつも買い控えをしている反動だろうか。。。



早いものでもう10月も終わり。
もうすこしで年賀状作成のシーズン到来です。

年賀状とは、新年に送られる郵便はがきやカードを用いた挨拶状のことで、新年を祝う言葉と、旧年中の感謝をこめて、新しい年も変わらぬ厚情を依願する文化のこと。親しい相手には、近況などを添えたりします。

この年賀状ですが、世界に先駆けて広告付き年賀状が発売されるようです。
広告がついているので無料。

今日はこのニュース。

 世界初の無料年賀状『tipoca(ティポカ)』の製品説明発表会が23日(木)、都内で行われた。同商品は圧着はがきを使用した広告付き年賀はがき で、はがき代、切手代などは広告費でまかなわれるためユーザーの費用負担はなく、圧着はがきの中面に広告を記載するため、表面や裏面は通常の年賀はがきと 変わらない。発行枚数は広告の件数次第となるため抽選制で、申し込んだユーザーすべてに同商品が届くとは限らないが、新しい広告ビジネスとしても、縮小傾 向にある年賀状市場の活性化としても注目が集まっているとのこと。

ということは、誰でも購入できるわけではなく、広告出稿したい企業の数により発行枚数が左右されるんですね。

企業側の広告募集の数は明確ではありませんが、消費者であるユーザーからは10/16から約2万通の応募があったようです。
購入申込は、20枚単位で最高160までで商品の送料も無料。
これはぜひ私も申し込まないと。

この年賀状は世界初で関心が高いうえ、友人・知人から届く年賀状は開封率の高さが予想され、広告出稿先としては、集客率・売上効果など高いメリットがありそうです。

年賀状を出す人が減っていき、メールや電話などで済ます人が多い中、明るい話題ですね。

毎年年賀状を出す習慣のある人、抽選に当たったら久しぶりにだそうかというひとに
年賀状作成方法をすこしご紹介。

■手書きでつくる
伝統的な様式を目指すなら、筆で文字を書いたり、干支などの絵柄を添えたりする。
市販のはんこや、自作のいも判、消しゴム判などを用いたり、あぶりだしの方法も。

■診察済みの年賀状をつかう
印刷会社やコンビニなどで図柄を選び印刷してもらう方法。送り先が多い企業などは住所録を渡して、両面に札してもらう場合が多く、コンビニなどで10枚単位で売っている年賀状は時間がないけど、仲の良い人に出したいばあいや、予期せぬ人からの返信用に用意しておくのもよい。

■写真店にたのむ
結婚報告や家族の現況報告に用いられる場合が多く、キャラクターとの共演も可能なため
華やかな印象。

■簡易印刷機で作成
プリントゴッコなどで作成する方法のことで、パソコンの普及が今ほどでなかった時代に多く使われた。
乾くまで比較的時間がかかり、乾燥させるためのラックも販売されているが、私はもっぱら床に広げる派。

■パソコンで作成
パソコンの普及と、プリンターの値下げ、インクジェット紙対応のはがき登場、年賀状作成ソフトの搭載などで、自宅で作成する人が増えた。
住所録に登録しておけば両面印刷も可能。

どれにするか決まりましたか?
私は基本パソコンで、親しい友人数名はフル手書きで頑張ってます。
内容は・・・・・小学生のようですが、心は入ってますよ。






パナソニック、ソニー、シャープの3社がシェア争いしているブルーレイディスクレコーダー。2008年9月のメーカー別販売台数シェアでは、パナソニックが40.4%でトップを獲得した。2008年5月の1位から約4か月。その経緯と注目のブルーレィディスクレコーダーの最新動向についてニュースを基に見ていきましょう。

2008年のメーカー別シェア推移をみると、2008年1月2月はソニーが約6割を占め、2位のパナソニックを3割弱に抑えていた。しかし4月になってパナソニックが低価格機を投入した結果、一気に首位を獲得、パナソニックの首位は5割弱まで伸長し、ソニーはシェアを4割弱まで落とした。その 後、4-6月にはソニーとパナソニック2社のトップ争いが激化した。その一方で、シャープが徐々にシェアを拡大。7-8月は三つ巴の戦いになった。そし て、次世代DVDの覇権争いやダビング10の運用開始、オリンピック需要などが落ち着きを見せた9月、他社に先駆けて新製品を発売したパナソニックが 40.4%でシェア1位を獲得した。2位は29.4%でシャープ、3位は28.4%でソニーがつづき、シェア争いから、パナソニックが一歩リードする形に なったとのこと。

私はオリンピックが終わった、まさに9月末頃にブルーレイディスクレコーダーを購入。
そのときはちょうど、テレビ番組「アメトーーク!」の中のコーナー、家電芸人が放送された直後。
家電に詳しい芸人達が、テレビや掃除機などあらゆる家電で、家電販売スタッフをしのぐような熱いトークが繰り広げられる。

影響受けやすい私は、そこで背中を後押され、早速街の家電量販店に向かった。すると店内は混雑。同じようなお客さんがゴロゴロ?
販売スタッフも「アメトーーク!の効果が凄いです、私も職場で見てました」とのこと。テレビの影響力の偉大さを再確認。

話をニュースに戻して、BDレコーダーシリーズ別販売台数の上位3位を紹介。
1位はシャープの「BD-HDW22」シェア15.9%
発売日は2008年8月1日。
最安値は74,180-(価格.comより、10/23現在)
HDD容量:250GB 接続端子:HDMI端子/D3端子/ネットワーク/光デジタル/同軸デジタル 録画可能メディア:BD-R/BD-R DL/BD-RE/BD-RE DL/DVD-R/DVD-R DL デジタルチューナー:地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル

2位はパナソニックの「DMR-BW730」シェア11.7%
発売日は2008年9月1日。
最安値は93,899-(価格.comより、10/23現在)
HDD容量:320GB 接続端子:HDMI端子/D4端子/ネットワーク/光デジタル/同軸デジタル 録画可能メディア:BD-R/BD-R DL/BD-RE/BD-RE DL/DVD-R/DVD-RW/DVD-RAM/DVD-R DL デジタルチューナー:地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル

3位は同じくパナソニックの「DMR-BR500」シェア11.3%
発売日は2008年3月28日。
最安値は63,000-(価格.comより、10/23現在)
HDD容量:250GB 接続端子:HDMI端子/D4端子/光デジタル 録画可能メディア:BD-R/BD-R DL/BD-RE/BD-RE DL/DVD-R/DVD-RW/DVD-RAM/DVD-R DL デジタルチューナー:地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル

現在はこのようなランキングですが、年末商戦に向けて各社の動きはどうなるのでしょう。
ソニーとシャープは新製品を投入する予定。

9月末日に新開発の高画質回路を搭載したBDレコーダー6機種を発売。高いクオリティの映像とサウンドを楽しめる「Xシリーズ」とハイビジョンビデ オカメラとの連携を重視した「Lシリーズ」、手軽にハイビジョン番組を録画できる「Tシリーズ」を展開する。シャープは「AQUOSブルーレイ」シリーズ でシングルチューナータイプの「BD-HD22」を10月20日、VHSビデオ一体型の「BD-HDV22」を11月25日に発売する予定。

新しい家電の操作方法に若干とまどいを覚える年齢になってきましたが、最近の製品は親切丁寧な気がします。あくまで私の感想です。

BDレコーダーは、普通のレコーダーより価格が高いですが、画質はほんときれいです。綺麗なまま残したいのであれば、ぜひ一台ブルーレイを。

2000年に制定された学校選択制で、生徒の男女比や入学生徒の数に大きな差が出てきている。

この学校選択制とは、1997年に旧文部省が通学区域の弾力的運用を認める通知を出し、2003年の学校教育法施行規則改正で各教委が選択制を導入。その後の2006年の文部科学省調査で、小学校で全体の14.2%となる240の自治体、中学校で13.9%の185自治体で導入している。しかし、東京都内のように、行きたい学校を選べる自治体は金沢市や長崎市など少数派。山村の小規模校の活性化のため学区外から入学を認める限定的な選択制が多い。

東京都内の教育委員会を調査したところ、今春の各校の入学率に、8.1~326.7%と大きな格差があることが分かったとのこと。326.7%で人気校となった第二日野小、その周辺の小学校は入学率が落ち込み27.8%となった。不人気校の固定化が進み、区部では新入生が1けたの学校が7校、10人以上20人未満が23校ある。

男女比をみると、野球部やサッカー部のない江東区の中学では、男子の割合が3割に満たない一方で、部活動の盛んな他校では男子が5割強になるなど、一部で男女比率の不均衡が発生している。

「個性的な学校づくり」を目的に制定した学校選択制の課題は、「いじめ」「荒れている」などのうわさや情報の影響を受けやすいほか、小規模校化が助長されたり、学校間の生徒数の格差の広がりなど、生徒数の偏りを懸念する声が出る一方、 メリットには「魅力があり開かれた学校づくりが進む」と教育の場である学校の活性化をあげる教委が多い。
例としては、かつて新入生の数が0だった品川区の中学校が、学力強化策を 掲げ小中一貫校とした結果、今春の新入生は65人にまで回復したそうです。

教育委員会は、上記の例のように、ひずみが発生する例もあるが、学力強化や生徒指導に力を注ぐなど学校側の工夫を行うなどで改善する場合もあり、生徒や生徒の保護者側は、校舎の目新しさや風評などに惑わされず、教育内容で選んでほしいとしている。

このままの状況が続くと、以前のような学区制に戻ることも視野に入れる必要がある。

ひずみの大きい東京都江東区では、来年度から学校選択制を一部見直しし、小学校については居住区によって通う学校が決まる学区制へ原則入学するよう定めた。

学区制のメリットは、徒歩で通える範囲に学校があり、地域と児童のつながりがつよまる傾向にあること。

私見ですが、私は学区制だったので、当たり前のように近所の子と学校に通い、その友達の保護者や、通学途中の商店など、名字は知らなくてもあだ名で呼び遊んだり、街の行事に参加すれば誰かしら知っている子がいるという状況でした。

学校選択制も学校の磨き上げなどでいい点もありますが、あまり過度な競争にならず、
本来の目的である教育の場として、発展されることを希望してやみません。

何にせよ、変化していくのはいいことですね。
私自身も現状に満足せず、日々前進していきたいものです。


タイトル通り、三重県南部でカメムシが大量発生してるそうです。

カメムシとは、カメムシ目・カメムシ亜目の昆虫で、独特の臭気があまりにも有名。
「クサムシ」などの俗称があります。
頭は先端がとがり、前胸は左右に張り、胴体は後ろに向うにつれ補足なっているので、全体を見ると五角形のようにも見えます。また背中は平らで、亀の甲羅に似ていることが和名の由来になっています。

くさいことがつい表立ってしまうカメムシですが、ふだんからぷんぷんさせているわけじゃありません。身を守るために、危険を感じた時に胸部第三節である後胸の、腹面にある臭腺から分泌されます。
余談ですが、カメムシは自分の匂いで死に至る場合もあるそうです。

怖いですね。間違っても口に入れることはしないでください。
苦いらしいですよ。

さてその三重県にいるカメムシたち、防除所と県紀南果樹研究室によると、今年9月に平年の5倍から10倍のカメムシが確認され、9月9日に農作物への被害防止を呼びかける発生予察注意報を発令。
発令からまもない10月、そのカメムシの数はなんと80倍から100倍に膨れ上がった。

こんなに発生しているのはなぜだろう。
上記とおなじく防除所の見解は「今年は梅雨の時期に適度な降雨があり、夏場も天候に恵まれたため、幼虫のえさになる杉やヒノキの実が多くあったことが原因でないか」とのこと。

三重県南部では、夜間などコンビニエンスストアの明りにカメムシが群がり、
さらにそこで命を落としたカメムシが店頭に落ちているそうで。

客商売としては頭の痛いところですが、この騒ぎはいつごろ落ち着くのでしょう。

専門家によると、11月になると越冬準備のため、雑木林の落ち葉や木の葉の間に
隠れるそうです。
あともう少しの辛抱、、、ですが、春はどうなるのでしょう。

言い伝えですが、カメムシが大量発生した年は大雪が降るそうです。
統計的にそうなっているそうですが、真相は今後ですね。

そのた大量発生の歴史を。(バッタ編)

日本で一番古い大量発生は701年。三河と呼ばれた現在の愛知県ほか17か所で発生。
その後は数年おきに被害の報告あり。

近代日本では主に北海道で発生している。
森林伐採で草地が広がり、バッタにとって住みやすい環境だったといえるかも。
これにより土地の放棄があったため、北海道の開拓地では、バッタの卵を金銭で買い取るという援助制度までできた。

一番記憶に新しいところでは、関西空港で殿様バッタが大量発生。
その土地ならではの孤立した島の形態で、天敵がいなかったことが原因のよう。

虫たちに罪はなく、人間達が作り出した環境のでいで翻弄されてる感があり、
すこし切なくなりますね。
因果応報。なんだか壮大な話になりそうですが、自然と調和して生活していきたいと思う今日この頃。

警察及び金融機関が、ATM(現金自動受払機)での振り込め詐欺被害にあわないよう警戒する中、郵便事業の小包サービスである「エクスパック」を使った、新たな詐欺の被害が増加している。

「エクスパック」とは、A4サイズの書類が楽々入る丈夫で厚みのある袋で、全国一律500円で送ることができる。
そのため、ビジネス利用は勿論、オークションでの商品発送や、本やCDが、基本翌日配達できちゃうすぐれもの。

この身近なエクスパックを利用してか、はたまた郵便事業という観点のすり替えか、、、

この事態に警察は警戒を強めており、郵便事業側も警察の要請があれば「この中に現金は入ってないですね」などの呼びかけを行うという。

次々と新たな手法でやってくる振り込め詐欺、警察と詐欺グループのイタチごっこのままなのだろうか。
そもそもこの振り込め詐欺は、どういうものか。
軽く歴史を振り返りながら、個人でできる対策と警察の対応、もし被害にあってしまった場合の手順などを見ていこう。

この種の詐欺がメディアで取り扱われるようになったのは、加害者が主に一人でお年寄りの住む家に電話をかけ、「おれおれ」とか「私だけど」と持ちかけた上で「事故を起こした」「金融業者に追われている」など早口でたたみかけ相手をパニックにする。通称「オレオレ詐欺」

さらにメディアで注意喚起を含め報道されると、模倣犯が増え、
「娘・息子などの親族役」「警察役」などメンバーが増えたり、
親族の携帯電話にあらかじめ電話をかけて通じないようにしてから
固定電話にかけるなど、手口は巧妙化。仲間割れによる殺人も起こった。

個人でできる対策は、家族同士で「振り込め詐欺」について話し合うこと。
怪しい電話を受けたら、けして名前を言わず、家族と連絡取れるまで振り込んだりしないこと。
振り込む前に警察に相談。
あとは、こうきたらこう答えるマニュアルを考えておくとか。
「今、お風呂入ってるけど、誰?」とか「俺っていう知り合いはいない」とか。大概あきらめて向こうからきるはず。

余談ですが、一番振り込め詐欺の少ないのは関西圏のようです。
CMまで作られて、素晴らしいと思います。

そのCMを見ずに「もしや・・」と思ったら、2007年に制定された

振り込め詐欺救済法を確認してみましょう。


これは加害者の銀行口座を凍結し、被害者に返金を促すものです。


そうはいっても100%取り返せるとは限りません。
騙されないのが一番。
人を疑って生きるのはつらいけど、騙されないように気をつけましょう。

最後になってしまいましたが、振り込め詐欺の被害額について。
出始めの2003年1~10月で22億超。
2003年全体で43億。ということは、11.12月で21億!?
2004年は約222億円。
2008年1~7月は約193億円。


今日、私にとって衝撃なニュースが飛び込んできた。

劇団四季のミュージカル「キャッツ」が千秋楽を迎えるとのこと。

「キャッツ」は東京・五反田のキャッツ・シアターでロングラン中の劇団四季ミュージカルの一つ。
1983年に東京・新宿の仮設劇場で公開されてから、大阪・東京・名古屋・福岡、札幌、大阪、東京、札幌、福岡、名古屋、大阪、静岡、広島、仙台、東京と全国で上演され続け、22年間で上演回数は6,000回、2008年の6月には7,000回達成と、これだけ見ても人気のある作品といえるだろう。

ちなみに1983年当時に猫として活躍していた女優さんは今も健在である。

さらに東京のキャッツ・シアターと言えば専用劇場である。
屋根には闇に光る猫の目が配置され、昼間よりなお夜見ると一層美しく光る。
まずそこで足を止め中に入ると一気に猫の目線に代わる。

まずインテリア。ジュースの空き缶や漂着物のようなゴミがディスプレイされ
自分が小さくなった錯覚に陥る。

そして開演後は、役者さん達が猫になっているのだが、関節が柔らかく
これまた猫らしい。

ちょっと熱く語ってしまったが、こんなにもたくさんの人に愛されているキャッツが何故?という疑問はぬぐえない。

浮かぶのは、過去にあったファンとのひと悶着だが、その背景は土地使用の契約のためだそう。なんとも残念。

キャッツの東京公演終演は寝耳に水という感じで本当に驚いたが
来年の4月の千秋楽まで全力で頑張ってほしい。

キャストの皆さん、本当に体に気をつけて素敵な夢を観させてください。

最後に、キャッツに出てくる主要猫のご紹介。(ちょっと私情いり)

ラム・タム・タガー
ネス猫たちのアイドル的存在で突っ張り猫。
野性的な多手紙が目立ち、出番以外も目が離せない。

ミストフェリーズ
体の軽い魔術師猫。若い雄猫で会場を爆発させたり、光る衣装を身にまとう。
約25回の魔法のターンは瞬きを忘れてしまう。


ディミータ
はねっかえりだけど神経質な猫。
チャーミングで握手してもらってから気になる存在。


グリザベラ
昔は美貌を誇り魅力的だったが、今は落ちぶれ、皆に受け入れてほしいと願う猫。
「メモリー」は感涙。

スキンブルシャンクス
鉄道猫の愛称があり、
スキンブルシャンクスの場面では手拍子が起こる。
街のガラクタを使い、みんなで汽車を作るシーンは記憶に残る。

ほかにもたくさん登場しますが、あとは観てからのお楽しみということで。

新築マンションの将来

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さまの近所でマンション建設してませんか?

家の近所ではなくとも、通勤電車の車窓から、もしくは会社のそばで。
現在も会社の正面でマンションを建設しています。

需要があるんだろうと思いきや、今朝こんなニュースが。

「新築マンション 販売13か月連続前年割れ 9月首都圏」

不動産経済研究所によると、9月の首都圏での新築マンション発売戸数が、前年同月比53.3%減の2427戸。なんと半分以下。
首都圏の中でも、東京23区が22.7%減、東京都下73.6%減、神奈川県が62.1%減、埼玉県が68.2%減と郊外での販売不振が目立っている。

しかもこの減少傾向は一年以上の13カ月連続で、半分以下に落ち込んだのは96年10月以降の12年ぶりだそうです。

もう少し具体的に見てみると、契約率は60.1%で新築マンションの在庫は10,411戸もあります。
そんなにと思ったのは私だけではないはず。
実際、千葉の新築マンションへ行った時、半年以上たっても引っ越し用の保護シートなどは貼られたまま。友人曰く「まだ新築で引っ越ししてくる人がいます」というPRだというのですが・・・

さらにこの販売不振は首都圏だけではなく、近畿圏でも同様の事態が発生しています。
近畿圏での今年の8月の発売については前年同月比43.8%減の2,047戸、売れ行きをはかる契約率は62.4%、上半期の発売については前年同期比26.8%減の10.589戸。

なぜ、こんなに全国区で販売不振がつづくのか。

原因の一つは高すぎる価格。
不動産の買いやすさの目安である、年収の5倍以内をゆうに超える価格帯が
設定されているから。

首都圏のマンション価格で見てみると、2004年で平均年収の6.36倍。
これでも高いが2007年には7.77倍。7が続いても心は晴れない。

しかしマンション販売業者も在庫を抱えているばかりではなく、
点地区材料費の高騰に悩みつつ、値下げに踏み切ってます。

値下げの単位は数百万円単位で、家具をつけたり、入居モニターになってもらい
その分の報酬を渡すことで、実質値下げをしたりしています。

さて、今後の新築マンションの販売価格ですが、地価の下落と、高騰していた建築資材の価格に下落が見えてきたので、安く新築マンションが手に入りやすくなり、販売数も増えると見込んでいます。


最後に「超」個人的な新築マンション購入プラン。

まず立地。
これから買うなら、新東京タワーと呼ばれていた「東京スカイツリー」のそばは
いかがでしょう。
東京23区の墨田区押上に完成予定なので、最寄駅は「押上駅」か「曳舟(ひきふね)駅」
押上駅なら、都営浅草線・東武線・東京メトロ半蔵門線・京成線が通っており、
東武線・東京メトロ半蔵門線は始発電車に乗ることも可能です。

しかも羽田空港・成田空港までは一本で行けちゃうので、旅や出張の多い方は
大変便利かと思います。

つぎに価格。
これは出会いということもありそうなので、情報を集めて
ここというチャンスを逃さないようにしたいです。


東京スカイツリーは2011年に完成予定、それまでに資金集めは可能か!?



近年の自動車業界の変化

| コメント(0) | トラックバック(3)

中国の9月の新車販売台数が減少しているそうです。なんと前年同月比 2.74%減の

75.15万台で、05年2月以来のマイナスに転じた前月に続いて、2カ月連続で前年を

下回りました。

中国の市場では08年の年間販売台数が1千万台を超えると見込まれていたそうですが、

7月以降の失速で達成が難しくなっています。

このような原因としては、中国の株式市場の低迷などで、個人の購買意欲がそがれて

いることが主因だとか。

 

車市場でトップを走る、トヨタ自動車が08年の中国市場規模を950万台程度と予想し、

1千万台突破は困難との見方が広がってます。

さらに、マツダが中国の「デミオ」など2車種の販売目標を11万台からほぼ半分に下方

修正するなど、市場の失速に合わせて減産に踏み切る動きも出ているとのこと。

 

また、日本でも車を購入する需要はこの景気難でどんどん下がってきています。日本人

の乗用車の平均的な買い換え年数は5年といわれてきました。

でも昨今の不景気で私が思うに、多分6年位に延びるのではないでしょうか。

 

● ここで少し間違いのない車選びについて紹介したいと思います。

 

  1. 車選びでもっとも大事なことは、試乗することです。かならず試乗しましょう。
  2. 外見や値段だけで飛びつくと、たいてい、ろくな結果にはならないと思います。

    (大事なことは相手の性格を把握することです。自分がほしいものは、スポーツカー

    なのかRVなのか、高級車なのか、コンクパクトカーなのか、さらに経済観念はどうか

    もチェックする必要があります。自分の収入を理解しているか、とんでもない浪費家

    では無いかどうか調べることです。)

  3. 車は売っても買ってもメーカーやディーラーはもうかり、ユーザーは損をするだけです。

    (車の値段とは結局、原価計算ではなく、経営判断によってつけられていると考えて

    間違いないからです。)
  4. 新車の場合、1年でも長く乗るためには、必ず慣らし運転を1000kmは行いましょう!

ブログ始めます!

| コメント(0) | トラックバック(2)

ビジネスBLOGでは、最新のビジネスに関するニュースや話題

などを紹介していくブログです。

カテゴリ